エアー断震システム宮城地区代理店 注文住宅、店舗、賃貸物件、リフォームなど建築全般

TEL0120-910-912
建築トータルプロデュース 株式会社レイズ
長期優良住宅 —背景—

長期優良住宅 —背景—

だから、長期優良住宅が必要なのです

住宅の長寿命化が必要な理由①『エコ社会の実現のために』

長期優良住宅普及促進法は2009年6月4日からスタートした新しい法律です。

この法律を作った背景には、「つくっては壊す」を続ける日本の家づくりの現状(フロー型)と、この現状を「いいものをつくって長く大事に使う」あり方(ストック型)へと変えていこうという狙いがあります。

フロー型の家づくりは資源とエネルギー、そしてお金を無駄使いしますし、ゴミも出します。エコの視点で見ると、「長く大事に使う」ことが一番のエコなのです。

 

住宅の長寿命化が必要な理由② 『豊かな暮らしのために』

住宅を長く大事に使うべきもう一つの理由が「暮らしの豊かさ」の実現です。

日本の所得水準は先進国でもトップクラスですが、暮らしの豊かさを実感できる一般市民は少数ではないでしょうか。

その一つの要因として、日本のように住宅を一代ごとに建てて壊していると、そのコストは生活を圧迫し、暮らしを楽しむゆとりはなくなってしまいます。住宅を長く大事に使い、子孫に住み継ぐことにより住宅にかけるコストは少なくて済みます。

その結果のゆとりを、暮らしを楽しむことに回せるのです。

 

ストック型社会へ

このように、日本の家の使い方はエコの観点から見ても、豊かさの観点から見ても非合理的です。いい家を建てて長く大事に使うことがこの非合理性を解決する第一歩です。

 

 

株式会社レイズお問い合わせメールフォーム

このページのトップへ▲

Copyright (C) 2013 株式会社レイズ All rights reserved.